車バイバイ

車を高く売りたい!車買取一括査定の仕組みや値段を上げるコツを紹介

ミニバン・燃費ランキング

     ミニバン

http://toyota.jp/

http://toyota.jp/

ミニバンはワゴンやハッチバックに比べると背が高いので車内は広々、3列シートで大人数の乗車も可能なことからファミリーカーとして非常に人気があります。加えて、近年は燃費の良い車への需要が高まっているのもポイント。

この記事ではミニバンの燃費ランキングをまとめました。JC08モードだけでなく、実燃費も掲載しています。

ミニバン燃費ランキング

順位メーカー車名実燃費JC08モード燃費
トヨタプリウスα18.00km/l26.2km/l
トヨタシエンタ
(ハイブリッド)
17.41km/l27.2km/l
トヨタヴォクシー
(ハイブリッド)
15.66km/l23.8km/l
トヨタノア
(ハイブリッド)
15.38km/l23.8km/l
トヨタエスクァイア
(ハイブリッド)
15.26km/l23.8km/l
ホンダフリード
(ハイブリッド)
15.18km/l21.6km/l
BMW2シリーズ
(ディーゼル)
14.13km/l22.2km/l
ホンダジェイド12.62km/l18.0km/l
トヨタシエンタ12.44km/l20.6km/l
10ホンダフリード11.87km/l16.6km/l

ミニバンも燃費性能向上。ハイブリッドへ

ハイブリッドカーと言えば、プリウス、アクア、フィットなどの小型車のイメージが強かったですが、最近はタイプに関係なくハイブリッド化が進んでいます。

ミニバンはサイズが大きく重量もあるので、燃費が悪いのが弱点でした。ハイブリッド車が普及して今後もファミリーカーとして購入を考える人は増えていくでしょうね。

今のところ燃費ナンバーワンはプリウスα。しかし、他のミニバンと比べ小さくて3列目はおまけという感じ。いかにもミニバンだぜ!という感じはしないので、常に5、6人以上で使う大家族にはおすすめ出来ません。

燃費の良さとミニバンの使い勝手の両立を期待するならば、トヨタのヴォクシー/ノア/エスクァイア3姉妹のハイブリッドホンダのフリードハイブリッドがお勧め。エコカー減税も受けられるのでコストパフォーマンスは高いです。
ノーマルエンジン車からの乗り換えも今は換え時と言っていいでしょう。

あとは衝突回避の自動ブレーキシステムが付けば文句なしですが、まあ元々なかったものですからね^^;
その辺が他の車種との評価を分けるポイントになると思います。

他車種と燃費比較の目安として、5ナンバーミニバンのガソリン車3ナンバーミニバンハイブリッドが同じぐらいになります。参考になれば。

愛車を高く売りたいなら
『無料一括査定』がおすすめ

車を買うとき、値引き交渉も大切ですが、より安く買うためにもっとも確実で効果的なのは、今乗っている車を高く売ることです。

最近では、ディーラーへ下取りに出すのではなく、中古車買取専門店へ売るのが主流になりつつあります。なぜかというと、販売経路を豊富に持っている専門業者の方が高い値段で買い取ってくれるからです。

そこでさらに複数の業者へ一括査定に出すことで、数社が競合するので値段を引き上げることが可能になります。

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差がなんと22万4000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら、最大10社から一括査定が受けられるので、各社の比較も手間要らず。

申込は1分で終わり!すぐに高額査定の会社が分かります。

>>>かんたん車査定ガイドへ

↓↓一括査定出来る会社↓↓

ガリバー、アップル、カーチスなど有名店が数多く提携しており、すべてJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良企業です。
この中から最大10社へ同時に見積もりを依頼出来ます。

>>>今すぐ愛車を無料で査定してみる