車バイバイ

車を高く売りたい!車買取一括査定の仕組みや値段を上げるコツを紹介

ハイブリッド車のメリットとデメリット。買うときに気をつけたいポイント

     ハイブリッド

ハイブリッド車は燃費が優れているのはもちろん、未来感のあるデザインも相まって人気のジャンルです。

登場以来、毎年売上ナンバーワン君臨しているのはプリウスですし、伝統的な人気車種も続々とハイブリッドモデルが発売されるようになりました。

ハイブリッド車のメリット

燃費が良い

ハイブリッドはノーマルエンジンに比べて1.3~2倍の燃費性能があります。
減速時にモーターが発電して電気を駆動用電池に蓄えることで燃料の消費を抑えてくれるため、エンジンを使わずにモーターだけで走ることも出来ます。燃費が良いということはエコカー減税でも有利になります。

運転がしやすい

モーターはガソリンやディーゼルエンジンに比べて駆動力が素早いため、運転がしやすいという特徴があります。サッとスタートしてくれるので快適ですよ。

とても静か

ご存知でしょうけども、とても静かです。逆にあまりにも静かなので歩行者が多いところを走る時は注意が必要です。後ろから近づく場合、誰も気づいてくれず、なかなか避けてもらえないということも・・・

ハイブリッド車のデメリット

価格が高い

モーター、駆動用電池、制御機能といった、ノーマルエンジン車にはない装備が必要になるのでどうしても価格は高くなり、車両重量も重くなります。

いくら燃費が良いと言っても、本体価格を考えた場合、どれくらいで元を取れるのかという問題もあったりなかったり・・・。

ちょっと違和感を感じる人も

アクセルを放して減速状態に入るとモーターを使って発電をするんですが、そこでさらにブレーキを踏んだ時に違和感があります。一瞬、ブレーキが利いていないように感じるんです(個人差もある)。

長年ノーマルエンジンを運転していた人は慣れるまで時間がかかるかもしれません。

ちょっと狭くなる

駆動用電池や制御機能なんかは、車両後部に搭載されている車種が多いです。そのため後ろの座席や荷物を置くスペースが狭くなりがち。アウトドアが趣味の人は、事前にサイズを確認しておきましょう。

大排気量車は意外と燃費が悪い?

V6型気筒の3500cc~の大排気量エンジンを搭載したモデルは燃料代の節約度合いも低くなります。

例えば、レクサスLS600hの燃費は、2500ccクラスのノーマルエンジン車と同じくらいです。

またハイブリッドの燃費技術は進化し続けているので、古い設計のモデルは不利になります。トヨタのレクサスHS250hやSAIの2400ccは古いので、一応認識しておいてください。

愛車を高く売りたいなら
『無料一括査定』がおすすめ

車を買うとき、値引き交渉も大切ですが、より安く買うためにもっとも確実で効果的なのは、今乗っている車を高く売ることです。

最近では、ディーラーへ下取りに出すのではなく、中古車買取専門店へ売るのが主流になりつつあります。なぜかというと、販売経路を豊富に持っている専門業者の方が高い値段で買い取ってくれるからです。

そこでさらに複数の業者へ一括査定に出すことで、数社が競合するので値段を引き上げることが可能になります。

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差がなんと22万4000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら、最大10社から一括査定が受けられるので、各社の比較も手間要らず。

申込は1分で終わり!すぐに高額査定の会社が分かります。

>>>かんたん車査定ガイドへ

↓↓一括査定出来る会社↓↓

ガリバー、アップル、カーチスなど有名店が数多く提携しており、すべてJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良企業です。
この中から最大10社へ同時に見積もりを依頼出来ます。

>>>今すぐ愛車を無料で査定してみる

 

 
スポンサーリンク