車バイバイ

車を高く売りたい!車買取一括査定の仕組みや値段を上げるコツを紹介

中古車を買うならディーラー系?街の販売店との違い、メリットは?

 2016年3月28日      中古車の購入

ディーラーとか、専門店とか、販売店とか、買取業者とか、車の売買って色んな言葉があってなんかだかややこしいですよね。

この記事では中古車を買う場合に限定して話を進めていきます。

中古車を買うにあたって、一般的に使うお店は2種類、「ディーラー系中古車ショップ」か、それ以外の「街の中古車ショップ」のどちらかです。

ディーラー系は、トヨタやホンダなど自動車メーカーが認定した店。
街の中古車ショップは、それ以外のなんでもありの店のことです。

車のことはよくわからないという人がほとんどだと思いますので、はじめは「ディーラー系中古車ショップ」で買うことをおすすめします。

なぜかというと、まず中古車は当たり外れの差が大きく、それまでに乗っていた人の乗り方やメンテナンス、どれだけマメに点検・整備していたかによって千差万別だからです。素人がちょっと見ただけでは全然わかりません。いくら営業マンが色々と安心させる言葉を言ってきても、答えは藪の中なんです。

中古車である以上、それは免れないことなんですが、極力そうした精神的な不安をなくすという意味でもディーラー系が良いと思います(価格は街の中古車ショップの方が安い傾向にありますが)。

ディーラー系中古車ショップのメリット

自動車メーカー公認のディーラー系中古車ショップのメリットは、主に下の5つになります。

  • 品質が良い
  • 情報公開
  • ネットワーク
  • アフターサービス
  • 保証

品質が良い

ディーラー系の場合、充実した保証を付けて売ることが条件なります。なので、仕入れの段階で一定の品質以上のモノに絞られるので、ハズレを引く確率が低いです。また、展示車や試乗車、社用車などとして使われた高年式で走行距離が少ない車も入ってきやすいのも特徴。

販売の規模が大きく、下取りで入ってくる車を整備するシステムが整っているのも品質を支える要因になります。

買い手がついてから整備するのではなく、展示場に並ぶときには既に一定の整備済みなので、コンディションを判断しやすいのが嬉しいポイント。

情報公開

街の中古車ショップは、オークションで中古車を仕入れることが多いです。対してディーラー系ショップでは基本的に自社販売した新車の下取りが仕入れの中心。

そのため、中古車でもその履歴がわかりやすくなります。走行距離が明確で、過去のメンテナンス状況もはっきりわかります。どういう使用状況だったのか、どんな人が使っていたのかもわかってしまうことも。

中古車で大事なのは、見た目のコンディション以上に前オーナーのメンテや使用状況と言われています。
この点ではディーラー系は安心感がありますよね。

これに加えて、諸費用の詳細が書かれた見積書も規定に則ったものが用意され、保証や整備の内容も口約束でなく文書で確認できる点も重要です。

ディーラー系ショップでは、こうした確認の際に新車時に販売した営業マンと連絡を取り合うことも出来るので非常に情報がオープンです。

全国のネットワークが利用可能

ネットワークの大きさも強力な武器です。1つの店舗に行って、そのディーラーの最新の全在庫状況をチェックできるので、他店の在庫で見つかるなんてことも。

そまま在庫がある店まで連れて行ってくれたり、有料で自宅近くの店まで中古車を運んでくれるサービスもあったりします。

ディーラーならではの全国ネットワーク保証はとても魅力的です。万が一、旅先でトラブルにあっても、全国にある同じメーカーの取扱い店を見つけて持ち込めば修理を受けることが出来ます。

アフターサービス

自社ブランドなので整備のための専用工具やコンピュータを駆使したトラブルシューティングシステムなどなど、充実した設備が整っているのは心強いです。

車って無関心な人は、半永久的に壊れないと思っている節があるんですが、所詮機械なので結構簡単に壊れます。整備屋さんも万能ではないので案外適当で、下手なところに任せると何回も修理に出す羽目になってめちゃくちゃ費用がかかったり。

その点、ディーラー系のメカニックならばそのメーカーのクルマを長年専門に扱っているので、それぞれの車種のクセやウイークポイントも詳しいです。

会社の規模が普通の中古車販売店より大きいので、整備に携わるスタッフと販売スタッフが別に独立して動いていることも、トラブルへの対応をスムーズにしてくれるし、外部に修理を発注しない分、時間や経費を抑える効果もあります。

保証

かつてディーラーならではの魅力だった保証付き販売ですが、近年中古車業界では保証の充実がトレンドになっているようです。

もともとディーラーは中古車の品質が高いので保証が付けやすい上、整備体制の充実度も高く安心感があります。
ただし、違法改造車など一部のクルマは保証の対象外となることもあるので注意が必要です。

まとめ

車に関して自信がない初心者は、何かと安心なディーラー系のお店で買うことをおすすめします。

メーカー認定ということでまずハズレを引く確率がグッと低くなりますし、様々な保証やアフターサービスが充実しているので後悔しない車選びが出来ると思います。

どうしても通常より価格が高くなってしまいますが、それでも新車よりは遥かに安い訳で、そこは安心を買っていると思えば許せる範囲ではないでしょうか。

愛車を高く売りたいなら
『無料一括査定』がおすすめ

車を買うとき、値引き交渉も大切ですが、より安く買うためにもっとも確実で効果的なのは、今乗っている車を高く売ることです。

最近では、ディーラーへ下取りに出すのではなく、中古車買取専門店へ売るのが主流になりつつあります。なぜかというと、販売経路を豊富に持っている専門業者の方が高い値段で買い取ってくれるからです。

そこでさらに複数の業者へ一括査定に出すことで、数社が競合するので値段を引き上げることが可能になります。

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差がなんと22万4000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら、最大10社から一括査定が受けられるので、各社の比較も手間要らず。

申込は1分で終わり!すぐに高額査定の会社が分かります。

>>>かんたん車査定ガイドへ

↓↓一括査定出来る会社↓↓

ガリバー、アップル、カーチスなど有名店が数多く提携しており、すべてJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良企業です。
この中から最大10社へ同時に見積もりを依頼出来ます。

>>>今すぐ愛車を無料で査定してみる

 

スポンサーリンク