車バイバイ

車を高く売りたい!車買取一括査定の仕組みや値段を上げるコツを紹介

中国で日本車の売れ行きが回復傾向に。買取には追い風

     車を高く売る方法

中国で日系車の売れ行きが好調なようです。

中国メディアの盖世汽車によれば、2016年3月の販売台数を見ると、トヨタは前年同月比40.6%増と大幅に増加、ホンダは同14.7%増。

理由は、日中関係の冷え込みが元に戻ったから。領土問題とか歴史認識云々というめんどくさい話をみんな忘れ始めたということですね。

中国はご存知の通り莫大な人口を抱えており、経済成長も著しいです。昨年秋に株価暴落とか色々ありましたけど、なんだかんだでまだまだ強い。経済大国ってことはつまり自動車市場もデカイわけで、世界中のメーカーが進出して大激戦区なのです。そこで日本車が好調っていうのはとっても重要。

伸び盛りなので変化も早いらしく、中国人は数年前までセダンばっかり売れていたんですが、近年はSUVやミニバンに人気が集まっているそうです。これって日本が歩んできた道のりと一緒ですよね。

何が言いたいかというと、今自分が乗っているクルマは数年後、というか今現時点で中国では評価高いってことです。あくまでも予想ですけど。

買い換えるなら中古は中国に売ろう!

だから、もし今乗っているクルマを売るつもりなら、中国に売ればいいじゃないということです。

自分でわざわざやるのはさすがに無理なので、海外にも販売経路を持つ買取専門業者に頼めばOK。でも業者を探すのはこれまた大変です。

そこで一括査定の登場です。

一括査定サイトの買取サービスを使えば複数の業者に見積もりを依頼できます。中には海外に強い業者がいるので他よりも高く買い取ってくれる、という寸法です。

ここで少しでも高く売るために大事なのはとにかく複数の業者に見積もりを出してもらうということ。市場は常に動いていますし、各業者が探している車はコロコロ変わっています。結局のところ、その都度運任せみたない空気は避けられません。

ですから、あなたの車が一番高く売れる場所、国を探してきてくれる業者に出会うのが一番のポイントになります。

今の買取業者っていうのはすごくて、事故者でも、超古い車でもなんでも海外で高い値で売る経路を持っていたりします。彼らの手にかかれば、中国で売れている車をサッと日本で買い取って現地で売るなんてお手のものです。

とりあえずチェックしてみる

もし今すぐ売る気がなくても、『かんたん車査定ガイド』なら簡単に概算を知ることが出来るのでとっても便利です。市場調査も兼ねて登録しておくのも手です。

今すぐ無料で愛車の価格をチェック

本気で高く売るなら複数の一括査定を使う

一括査定サイトは一度に8~10社の見積もりを取ることが出来る便利なサービスですが、各サイトに登録している業者は限られています。

納得がいくまで比較したいなら、複数の一括査定サイトへ登録するのがベスト。ズバッと車買取比較は150社以上の業者と提携しているので、上で紹介した『かんたん車査定』ではカバーしきれなかった業者から見積を取ることが出来ます。

ズバット車買取比較

提携業者が多いとは言っても、変な業者は含まれていないので安心して下さいね(^o^)

カーセンサー.net簡単ネット査定

愛車を高く売りたいなら
『無料一括査定』がおすすめ

車を買うとき、値引き交渉も大切ですが、より安く買うためにもっとも確実で効果的なのは、今乗っている車を高く売ることです。

最近では、ディーラーへ下取りに出すのではなく、中古車買取専門店へ売るのが主流になりつつあります。なぜかというと、販売経路を豊富に持っている専門業者の方が高い値段で買い取ってくれるからです。

そこでさらに複数の業者へ一括査定に出すことで、数社が競合するので値段を引き上げることが可能になります。

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差がなんと22万4000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら、最大10社から一括査定が受けられるので、各社の比較も手間要らず。

申込は1分で終わり!すぐに高額査定の会社が分かります。

>>>かんたん車査定ガイドへ

↓↓一括査定出来る会社↓↓

ガリバー、アップル、カーチスなど有名店が数多く提携しており、すべてJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良企業です。
この中から最大10社へ同時に見積もりを依頼出来ます。

>>>今すぐ愛車を無料で査定してみる

 

スポンサーリンク