車バイバイ

車を高く売りたい!車買取一括査定の仕組みや値段を上げるコツを紹介

最短納車を目指す。中古車購入の主な流れと大切なチェックポイント。

     中古車の購入

車を買う時は何かと手続きが面倒で思いの外、時間がかかるものです。

でも、
「忙しくてじっくり検討している時間がない」
「面倒な契約手続きを早めに済ませたい」
「一刻も早く納車してドライブに出かけたい」

そんなことを考えているんじゃありませんか?

確かに、車検も残っている、車庫証明がすぐに取れる、補修箇所があまりない、など条件が揃いまくっていれば即日~5日以内に納車なんてこともありますが、それは稀な話。

大抵は2週間から1ヶ月かかるものです。

できるだけ短い時間で納車にこぎ着けたいのは誰しも同じ。この記事では中古車購入の流れ、短期購入のメリットと注意するポイントを紹介します。

スポンサーリンク

中古車購入のステップ

中古車購入には主に5つのステップがあります。

  1. 車種の絞り込み
  2. 車選び
  3. 販売店へ連絡・訪問
  4. 契約手続き
  5. 契約完了・納車

それぞれどんな作業をする必要があるのか紹介していきます。

1.車種の絞り込み

まずは欲しい車種を決めておく必要があります。クルマ好きであれば普段からイメージしているかもしれませんが、そうでない方は意外と何を基準して決めればいいかわからないはず。

実際に車を使用する条件を考えて、ジャンルやカテゴリーを選び、ボディサイズやデザイン、排気量など段階を踏んで具体的に絞り込んでいきます。カタログを見ているだけでもワクワクしますね。

2.車選び

雑誌やインターネットを使うのが一般的。地域や街の規模によっても微妙に変わってくるので身近な人の意見を参考にするのも良いでしょう。

自分の探している条件に合う車種を探していく訳ですが、流通台数が多い車種の場合は多過ぎて埒が明きません。

思い切って極端に検索条件を絞ってみるのも手です。自分の希望って意外とあやふやだったりするので、無理やり絞ることではっきりと見えてくることもあります。

3.販売店へ連絡・訪問

実際に見てみたいと思えるクルマが見つかったら、販売店へ電話やメールで問い合わせ。訪問前に見積もりを出してもらうことも可能です。

販売店へ行ったら物件を隈なくチェック。事前にチェックする項目を決めておくことが大切。これは部屋探しと同じような感覚だと思ってもらえれば良いです。

詳しい人について来てもらうのもありですね。あまりにマニアだと口うるさくて却って邪魔になることもありますが・・・。

4.契約手続き

購入が決まったらいよいよ契約手続き。

事務手続きは先方に用意してもらうもの、自分で準備するものがあります。販売店の都合や、クルマのコンディションによっては時間がかかって面倒くさいですが、事前に進めておくことが出来るものもあります。

5.契約完了→納車

書類一式が揃って支払い方法が決まったら無事契約完了。あとは納車前整備が終わるのを待つだけ。

整備やナンバー取得に時間がかかることもありますがグッと我慢。

納車は持ってきて貰う場合は店側の都合で時間がかかることもあるので、出来ることなら自分で行った方が早いです。

平均で20日前後かかります。

短期購入のメリット

いい物件を逃さない

とにかく早く決めてしまえば、悩んでいる間に他人に取られるなんてことはありません。

販売店も喜ぶ

契約を手早く進めれば販売店も喜びます。ひとりにかかる時間が少なければその分他の客に時間を割けるからです。販売店と良い関係を築くことが出来ればサービスを受けられる可能性も高まります。

お金の節約

時間の浪費はお金の浪費。タイム・イズ・マネーです。

契約に手間取って何度も何度も販売店へ行くようなことがあれば交通費もかかってしまいます。きっちり手続きをこなしてサクッと納車。膳は急げ、です。

販売店でチェックすること

訪問前

販売店に行く日にちを決めるとき、「もし、その日に購入を決めた場合、必要なもの」を確認しておきましょう。行ってから確認するでは2度手間です。

それから、単純ですが店への行き方もきちんとチェック。交通費は馬鹿になりません。

販売店到着後

他の物件に目移りしないことが大切です。無駄に時間がかかります。気になるのもしょうがないんですけど。

で、雑誌やネットの掲載時の情報から変わったことはないか。車検期間、年式など見ただけではわからない部分を確認。整備記録帳簿もチェックしましょう。これがあれば掲載情報も信用出来ます。

車をチェック

◆外装チェック

車の周囲をまわって、凹みやキズの有無を調べます。塗装のムラやドアパネルの隙間を見て修復歴をチェック。
※夜に行くと見にくいので出来れば日中に行きましょう。

◆内装チェック

臭いはあるかどうか、シートがヘタってないかチェックします。ついでにエンジンをかけて音を確認。電装系も。
納車時に保証が付くのであれば事前に確認しましょう。

◆試乗

試乗できるのであれば是非試乗しましょう。異音や動作の確認。試乗できなくてもせめてエンジンだけはかけて振動や音は最低限確認したいところ。

手続き関係をスムーズに進める

購入が決まり、いざ契約という段階で書類の準備や申請関係をしておくと時間短縮に繋がります。

車検証と印鑑証明

自分で事前に準備できるものと言えば、車庫証明と印鑑証明です。

車庫証明は車検証記載のデータが必要なので、購入を確定した後に準備出来ます。取得には最短で2~3日かかりますが、これがないと登録や名義変更が出来ません。申請は誰でも出来るので自分が動けない場合は家族に頼んだり、販売店に依頼するのも手です。

軽自動車の場合、車庫証明の取得時に車台番号を後から申請出来るので普通車よりも納車を早めることが出来ます(最短3日)。

印鑑証明は契約に入る前から準備可能。仕事の合間にさっさとやってしましましょう。発行3ヶ月以内のものが必要になるので、車探しを始める段階で手をつけてしまえば時間短縮になります。

任意保険

中古車を購入すれば自然とついてくる自賠責保険と違い、任意保険は自分でどの会社と契約するか決めておく必要があります。

販売店は提携している保険会社を薦めてきますが、自分で選んで決めてもかまいません。いざ契約というときに迷うと時間の無駄になるので、事前にどこの会社にするか決めておきましょう。

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

納車日程の確認

契約を進めている段階で、仮でも良いので店員と納車日を決めておきましょう。これを怠るとずるずる先延ばしになってしまうものです。

納車時に自分で出向く場合は休日の調整もあるので特に。遠方の場合は簡単に日程をずらせないでしょうからしっかりスケジュールを組む必要があります。

納車整備

納車整備はだいたい1~2日で終わるものですが、物件の状況によっては時間がかかることもあります。

販売店に整備工場がない場合は外注する必要があり、当然日程が延びることになるので、とにかく急いでいる場合は整備工場付きの販売店を狙い打ちしなければなりません。

焦りは禁物

車は高い買い物ですがから気持ちも浮ついてしまいがちです。いざ納車してから失敗だと気づいても後の祭り。

焦りは禁物。いざ契約となったら販売店には不明点をきちんと確認すること、自分の要望を素直に伝えることが大切です。

愛車を高く売りたいなら
『無料一括査定』がおすすめ

車を買うとき、値引き交渉も大切ですが、より安く買うためにもっとも確実で効果的なのは、今乗っている車を高く売ることです。

最近では、ディーラーへ下取りに出すのではなく、中古車買取専門店へ売るのが主流になりつつあります。なぜかというと、販売経路を豊富に持っている専門業者の方が高い値段で買い取ってくれるからです。

そこでさらに複数の業者へ一括査定に出すことで、数社が競合するので値段を引き上げることが可能になります。

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差がなんと22万4000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら、最大10社から一括査定が受けられるので、各社の比較も手間要らず。

申込は1分で終わり!すぐに高額査定の会社が分かります。

>>>かんたん車査定ガイドへ

↓↓一括査定出来る会社↓↓

ガリバー、アップル、カーチスなど有名店が数多く提携しており、すべてJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良企業です。
この中から最大10社へ同時に見積もりを依頼出来ます。

>>>今すぐ愛車を無料で査定してみる