車バイバイ

車を高く売りたい!車買取一括査定の仕組みや値段を上げるコツを紹介

これが限界!デミオを極限まで値引きして買う交渉術を徹底解説!

http://blog.mazda.com/

http://blog.mazda.com/

これからデミオの購入を考えている人が一番気になるところは、
どこまで値引き出来るのか、だと思います。

新車購入時の値引きテクニックは、ネットや専門誌で大小様々色々なやり方が紹介されていますので、実際にやってみた方も多いのではないでしょうか。

  • 決算期を狙う
  • 競合の車(アクア,フィットなど)を決める
  • 「あなたから買いたい」作戦

どうでしょうか。やってみて十分な効果を得られたでしょうか??

ぶっちゃけ、イマイチじゃありませんか??

もしあなたがそうでないのなら、これから先に書いてあること何の役にも立ちません。このページをそっと閉じていただいた方が良いでしょう。

 

・・・

 

「いや、なんとしても今よりも値引きしてデミオを安く買いたい。」

そんな人はこの記事が役に立つかもしれません。いや、きっと役に立つはずです。

 

・・・

 

もう一度、値引きテクニック。

  • 決算期を狙う
  • 競合の車(アクア、フィットなど)を決める
  • 「あなたから買いたい」作戦

上のような値引き作戦がなぜ上手くいかないのか。

理由は単純です。ディーラーもネットや雑誌を見て、お客さんがどんな方法で値引き交渉してくるか、わかっているからです。

相手の手の内がわかっているので、当然対策もしてきます。営業マンの立場になってみれば当然ですよね。そうそう簡単にお客さんお思い通りにはいかないんです。

多くの人がネットや雑誌に書いてあるような値引き額の基準値に達することが出来ない。

どうすれば良いのか。

あなたは、「ディーラーでやっている対策」を逆手にとって値引き交渉する必要があります。

このページでは、ディーラーの対策に負けない値引き交渉の方法を紹介します。たとえ口下手でも大丈夫。事前の準備をしっかりすれば誰でも値引きの限界値まで安く出来ます。

アクアやフィットと競わせると安くなるという幻想

「ライバル車のアクア、フィット、ノートと競わせることによって値引きをしよう!」

雑誌やネットに載っている定番の手法です。

確かにこれは一定の効果があります。それが、デミオ以外なら。

この「ライバル車競合作戦」ですが、実際にデミオを買いたいユーザーがディーラーに挑んだ結果、あまり効果がないと感じている人が多いんです。

ディーラーの反応は、

「ああそうですか・・・トヨタさん、ホンダさんはさすがに値引きが凄いですね。うちはそこまでは出来ません。無理です。」

ガーン・・・

マツダ販売店の営業マンも、この作戦を客さんがやってくることは当然わかっています。

しかし、理由はそれだけではありません。

実は、マツダがデミオで売りたい層と、アクア&フィットを買いたい層が違うからなんです。

アクアやフィットはハイブリッド車です。ハイブリッドが欲しい人は結局ハイブリッドを買うので、捕まえておく必要がないんですね。ある種畑違いとも言える車と「値引き戦争」で消耗したくないし、そこに力を入れなくてもお客さんは逃げていかないとマツダはわかっています。

そもそも、デミオが売れているのは半数以上はディーゼル車。魅力はディーゼル特有の力強い走りとか格好良さ、運転の楽しさですよね??

でも、フィットもアクアもハイブリッドガソリン車。燃費の良さとか、普段使いの手軽さを求めている人が多い。

「ハイブリッドが欲しい人はどうぞ、そちらを」

マツダは最終的に流れて行ってしまう可能性が高いお客さんと消耗戦を繰り広げる気はないんです。

こちらとしてはやりづらいですね・・・。定番の「ライバル車と競わせる作戦」が使えない・・・

ライバル不在の独自のクルマ。なんだか余計デミオが魅力的に思えてきました。

では、どうするのか?

マツダにはマツダを、デミオにはデミオを

目には目を。葉には歯を。というやつです。

ライバル車との競合による値引きは無理でもデミオ同士の競合ならまだ可能性はあります。

これだけはいくら右肩上がりのマツダと言えども対策しようがありません。別な資本のマツダ店で競わせることで値引きを交渉します。

他の店が大きく値引きをしているとなると、お客さんを取られてしまう。そうなれば、どうしても他店に合わせた金額に下げて対応せざるを得なくなります。

近隣のマツダ販売店を隈なく回る

めんどくさいですね。確かにめんどくさい。でも、やるしかありません。

マツダには、3種類の販売店があります。

  1. マツダ店
  2. オートザム店
  3. アンフィニ店

この3つが各都道府県別にあり、さらに県が違えば同じ名前でも別の販売店になります。

例えば、東京マツダと千葉マツダはまったく違う販売店だということです。

これらの店舗をできるだけ、虱潰しに回りまくります。

やってみるとわかるんですが、中には店独自のキャンペーンをやっていていつもより多く値引きをしてくれるところが見つかったりします。

他には、店ごとに販売目標台数があるので、それにあと数台という瀬戸際の時は通常よりも大きく値引きをしてくれることもあります。

いやあ、めんどくさいですね。確かにめんどくさい。苦行です。

もっと楽で、効果的な値引きに利く方法はないの??

下取り査定の大切さ。みんな騙されている?

デミオの値引きの相場や交渉術を一生懸命調べる人は多いです。

でも、下取りはディーラーに任せてそのまま売る人がほとんど。どれぐらいの金額が妥当かわからないですからね。

自分の車の適正価格なんて知らない人ばかりです。だって年式も違えば、走行距離もバラバラですから、いくら雑誌を読み漁っても載っているはずがありません。

ある意味やむを得ない部分です。

ですが、大手車買取専門店の調査によると、ディーラーで下取りしてもらっている10人中、7~8人は査定額で騙されているということがわかっています。

下取りのごまかし。ディーラーの常套句。騙しのテクニックとは

自分だけはだまされない。

だまされている人間はみんなそう思っています。そんなのまるで他人事のように。

値引き交渉中こんな風景がよくあります。

客:「もう少しなんとかならない?」

営業マン:「うーん、ちょっと店長に相談してみます・・・。」

 

・・・・

 

営業マン:「◯◯さん。やりました!下取り額10万円アップできましたよ!

でも、本日限りと言われているんですよ・・・今、契約できないでしょうか。」

・・・

「そうか、それならば契約しようか。」

と思った方は残念ながら、だまされる人です。

勘の良い方ならもうわかっていると思いますが、営業マンは最初の査定額を安く提示して、後からあたかも査定額を10万円アップしたかのように伝えているだけです。

確かにこれで値引きの総額は見せかけ上10万円です。でも、向こうは最初からこの10万円は計算に入れています。実際は、あなたが下取りで10万円損をしているので、トータルの値引0円です。

このようなケースは大幅に値引きしてもらった人ほど騙されていることが多いので注意が必要です。

営業マンが良い人だったり、交渉を重ねて仲良くなってきていると尚更そこでなびいてしまいそうです。でも、向こうは慈善事業をしている訳ではありません。あくまでもビジネス。それはあなたにとっても同じこと。

でも、じゃあどうすれば良いの??

自分で愛車の相場を知っておくこと

肝心なところで営業マンにだまされないためには、自分で愛車の相場を知っておくことが何より大切です。

ディーラーに査定を任せず、事前に他の業者に愛車の見積もりを依頼することで解決します。

その際、非常に便利なのがインターネットで使える中古車一括査定サイトの無料サービスです。

複数の業者に査定してもらい、下取り査定額の相場を把握しておけば、たとえ営業マンがどんなに喋りが上手くても騙されませんよね。「その数字はちょっとおかしいんじゃないですか?相場とかけ離れていますけど、どうなんているんですか?」と言える訳です(無理してそこを指摘する必要もないんですけど)。

一括査定サイトでは、ガリバーやアップルなどの大手買取専門店などに見積もりを依頼することが出来るので、正確な相場を知ることが出来ます。

※たとえ見積もりを依頼したとしてもその業者に売らなければいけない訳ではありませんから安心して下さい。本当に売りたい場合でも、査定額が気に入らなれば売ることはありませんよね?それと同じ理屈です。

一括査定を利用した場合、下取りに比べて平均で10~15万円の査定額がアップが期待出来ます。ちなみに人気車種になると20万~30万高くなることも珍しくありません。

ディーラーの査定額がいかに安く見積もられているか実感すると思いますよ。

「かんたん車査定ガイド」はその場で査定額が分かる

通常の一括査定サイトでは見積もりを依頼したあと、各業者から連絡がきて査定されるまで最短で2,3日掛かります。

ですが、かんたん車査定ガイドは必要事項を入力後すぐに概算価格を画面で確認できます。

私が使ったときは、メーカー公式ホームページの参考価格と比較すると最低でも6万円以上も高く査定されました。

↓トヨタの下取り査定サイト
toyota-satei

↓かんたん車査定ガイドの「概算」
kantan-satei

もちろん、車種や走行距離にもよりますが、10万~20万円以上の開きがあるという人もたくさんいました。全国で160万人以上が利用しているサービスなので安心して使えますよ。

しつこい電話はかかってくる??

「一括査定は電話の嵐で大変な思いをする」

という話を聞くことが多いかもしれません。

でも、実際はそうでもありませんよ。電話やメールの連絡があるのは初日だけで、翌日からはほとんど連絡は来なくなります。あなたの車に興味を持った業者は、申し込みの瞬間は我先にと連絡しようとしますが、そうでない場合、2日3日も間を開けたりしません。

電話の内容も、車の状態や、売却予定時期の確認だけですから、無理な勧誘を受ける心配はありません。最近は消費者センターも厳しいので、妙なことをする業者は一括査定サイトに登録すら出来ないんです。

私の個人的な感想ですが、電話がたくさんかかってくることよりも、ディーラーの査定と、専門店の査定の差額があまりにも大きいので驚いて嬉しかったというのがホンネです。むしろ「ありがとう」でした。

『かんたん車査定ガイド』の利用は無料です。
>>>かんたん車査定ガイド

査定額は、交渉の強力な武器になる!

あとはもう簡単。ディーラーに「かんたん車査定ガイド」で査定してもらった見積を営業マンに見せるだけ。

こちらのセリフは「こういう査定額が出ているんですけど・・・」ぐらいです。

営業マンも、実際の見積もりを出されると、そこに金額を合わせるしかありません。

一括査定で出てくる金額は、今のまっとうな市場評価額なので、ディーラーにしてもはじめから無理な金額じゃないんですよ。だから、「なんだか申し訳ない」などと考える必要はありません。

見積もりを取るなら早めに

デミオを購入する予定はまだ先だとしても、下取の査定だけは早めにやっておくのがおすすめです。

実際に購入する段階に入ると、各店舗を回って値引き交渉に時間をとられて忙しくなります。実物を見ていると気持ちも盛り上がってきますし、下取りの査定をしてもらう時間を作るのも大変です。

概算価格だけならすぐ(本当にあっという間、5分もかかりません)出せるので、『かんたん査定ガイド』でチェックしておくといいですよ。