車バイバイ

車を高く売りたい!車買取一括査定の仕組みや値段を上げるコツを紹介

廃車の手続き、かかる費用は?

 2016年1月1日      廃車

Pavlofox / Pixabay

事故や故障で動かなくなった車、修理に出すよりも廃車にしてしまおうと場合もあると思います。

それでも値段がつくことがあるので、査定に出すことをオススメしますが、実際に廃車にする場合どんな手続きが必要で、どれくらいの費用がかかるのか紹介ます。

永久抹消登録申請書代 + 解体料 = 約30000円

永久抹消登録申請書は、100円程度(自治体によって微妙に違う)です。ですから、実質かかるのは解体費用だけです。解体そのものは1万前後なのですが、更に引取に1万以上取られるので、約3万円というとこです。

廃車手続きを代行してくれる場所

廃車手続きを代行してくれるところは、
・ディーラー
・修理店
・買取店

があります。

ディーラーであれば、新しい車を買うときに古い車を引き取って貰ってついでに廃車もお願い出来ます。

ですが、やっぱりなんとか買い取ってもらえないか粘るべきです。

かといって買取店に直接行ってしまった場合、値段がつかないと言われ、あれよあれよと廃車の方向で話が進み解体費用を請求されるかもしれません。

そこで、まずは一括査定で複数の会社に見積もりをとってもらいましょう。そうすれば、どこか値段をつけてくれる可能性が高くなります。

なぜなら、一括査定の場合は買取業者も自分のところにきた見積もり依頼がインターネットからの一括査定申し込みであることを把握しているからです。

つまり、初めから他社と競合していることがわかっている状況なので「ほとんど無料で買い叩く」とか、「無理だから廃車で」というのはやりにくいのです。

事故、故障、水没など問題がある車でも、買い取って貰える可能性はありますので、廃車しかないとすぐに諦めずに一括査定を受けてみるのが良いと思いますよ。

かんたん車査定ガイド

それでもだめなら廃車引取サービスを利用しましょう

値段がつかなかったとしても諦めるのはまだ早いです。廃車引取サービスを利用しましょう。

日本で廃車となった自動車は、海外へ輸出、パーツとしての再利用、鉄資源としての再利用などあらゆる方法でリサイクルされることをご存知でしょうか。

専門業者は海外販路等の独自ノウハウを持って利益を出しているので、廃車にするのに処分費用や、手続き代行料金、不動車の場合のレッカー費用等、これらの費用は全て無料で済ませてくれるんです。

思いがけない金額で買い取ってもらえることもザラにありますから、とにかく一度相談してみることでです。

全国展開で廃車サービスを行うカーネクストは、全国トップクラスの廃車買取価格に加え、申込から、引取サービス、その後の廃車手続きサービスまで完全無料です。
>>>廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト

日本全国 対応可能!引取、解体、抹消手続き全て無料で引き受けてくれます。
>>>廃車ラボ

>>>廃車・不動車の買取 廃車無料見積・査定サービス

>>>カービュー事故車査定

愛車を高く売りたいなら
『無料一括査定』がおすすめ

車を買うとき、値引き交渉も大切ですが、より安く買うためにもっとも確実で効果的なのは、今乗っている車を高く売ることです。

最近では、ディーラーへ下取りに出すのではなく、中古車買取専門店へ売るのが主流になりつつあります。なぜかというと、販売経路を豊富に持っている専門業者の方が高い値段で買い取ってくれるからです。

そこでさらに複数の業者へ一括査定に出すことで、数社が競合するので値段を引き上げることが可能になります。

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差がなんと22万4000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら、最大10社から一括査定が受けられるので、各社の比較も手間要らず。

申込は1分で終わり!すぐに高額査定の会社が分かります。

>>>かんたん車査定ガイドへ

↓↓一括査定出来る会社↓↓

ガリバー、アップル、カーチスなど有名店が数多く提携しており、すべてJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良企業です。
この中から最大10社へ同時に見積もりを依頼出来ます。

>>>今すぐ愛車を無料で査定してみる

 

 
スポンサーリンク