車バイバイ

車を高く売りたい!車買取一括査定の仕組みや値段を上げるコツを紹介

地方から東京へ転勤したら自動車は不要?

 2016年4月3日      車を高く売る方法

東京をはじめ、首都圏近郊や大阪などの大都市でなければ、現在の日本の家庭では車は一家に1台、あるいは2台というのは当たり前ですよね。車がなければ生活がままならないという人がほとんどです。

地方住まいの人が、転勤など仕事の都合で東京へ引っ越す場合、車を持っていくか、処分するかは迷うと思います。

車のある生活に慣れていると、なくなった状態のことを想像するのは難しいものです。

東京で自家用車は必要か?

そもそも必要か不要かでいうと、ないよりはあった方が良いと思います。

なんだかんだで車があると移動手段としては便利です。どれくらいの暮らしをするかにもよりますが、東京だって郊外に行けば大型のショッピングモールなんかは多いですし、ホームセンターや家電量販店、家具屋で大きいものを買ったら電車で運ぶのはしんどいです。

宅配にすればいいと思うかもしれませんが、その場で持って帰りたいときもあるのではないでしょうか。

駐車場が高く、維持費が馬鹿にならない

車の使用頻度は人によって違います。莫大な維持費をかけても車を持つかは冷静に判断しなければいけません。

東京の月極駐車場代は信じられないほど高いからです。維持費というと、各種保険や車検代、ガソリン代などがありますが、結局のところ一番かかるのが駐車場代。これまで無料同然で暮らしてきた人にとっては、この感覚がいまいちわからないかもしれません。

都心の繁華街、渋谷なんかだと平均で月6~7万。麻布だと10万円。これはやり過ぎですが、仮に郊外に行っても1万円なんて滅多にありません。2~3万は当たり前です。

頑張って探して、かつタイミングが良ければ中には5000円前後で借りられるところもあります。でも、それが自分の家の近くにあるとは限りません。要は巡り合わせ、運に左右される部分が大きいです。時間がある人は安い駐車場探しに挑戦してみるのも良いでしょう。

家から遠い駐車場の辛さ

私は以前、世田谷区の京王井の頭線沿線で15000円という相場よりもだいぶ安い値段で駐車場を借りていましたが、自宅から徒歩10分とかなり遠かったです。

車がないと仕事にならないので仕方なくやってましたが、毎日の家と駐車場との往復は本当に嫌になります。調子が良い時は大丈夫でも、疲れが溜まってくると心身ともに負担が大きいです。

忘れ物に気づいた時の焦り。

自宅で仕事をすることも多かったため、仕事道具は家と車を行ったり来たりすることになります。

これをしょっちゅう忘れてしまい。何度も往復する羽目になることがしばしば。疲れて帰って来てから車に仕事道具を忘れたことに気づいた時はもうホントやるせない気持ちになります。

余計なことで消耗するこの感じ。車が必要ない仕事につきたいと心の底から思いました。

乗らないなら乗らないで困る

車を使うのは月に数回。でもないと困るから手元に置いておきたいという人もいると思います。その場合、頻繁に使うわけではないから、駐車場と自宅が離れていてもかまわないと考える人は多いです。

しかし、そんなに車に乗らないという場合もデメリットはあります。

車に触れる機会が少ないと、まずメンテナンスが行き届かなくなります。電気つけっぱなしに気づかず数日放置してバッテリーが上がったり、動かさないのでエンジンの調子が悪くなることも。

そもそも乗る回数が少ないのに駐車場を借りている意味あんのかと思ったり。

通勤に車を使わないのであれば、はっきり言って自家用車は要らないと思います。

車なしの暮らしは案外慣れる

ちょっとした買い物、休日のお出かけなど、何かと車と共に行動していた人にとって、電車移動はちょっと屈辱的というか受け入れがたいものがあるかもしれません。

でも、慣れると意外と平気なものです。東京なら郊外でもスーパーやコンビニは駅の近くにあるし、あらゆる場所へ電車でいけてしまう。車に乗らないので、仕事終わりに気兼ねなくお酒も飲めます。

大きな家具、家電だって無料で業者が運んでくれるならそれはそれでいいかと思いませんか?今はネットの通販が発達していますからなんでも自宅に届けてくれます。こういうのは本当に慣れです。

慣れてしまうと、むしろ今まで車に縛られて不自由だったと感じるくらい。

車がないと、ものすごい節約になる

地方住まいだと、車の維持費の中で負担が大きいのって保険と税金、車検代くらいです。ガソリン代やタイヤはもう消耗品ですからね。

それが東京へ来てしまうと駐車台が一番のネックになる。あまりの落差にすごくバカバカしい気持ちになります。月々2万でも48万円ですよ?1ヶ月分の給料がまるっと吹っ飛ぶのです。

難しい計算をしなくても、その負担の大きさがわかると思います。車がない分50万円が浮くってことはそれだけ稼いだのと同じことです。年収50万アップなんてそう簡単に出来ませんよ?

陸送費も高い

近隣の県だと1万円くらい、遠方だと最低でも3~6万円くらいかかります。

近隣なら自分で運転して移動することになるので陸送は使わないと思いますが、北海道から東京などはさすがに現時的ではありませんね。

陸送を使わなければならないほど遠い場合は、かかる費用は安くても5万円前後、高ければ10万円かかるのですから、それだったら一旦売ってから改めて買った方が良さそうなものですよね。

まとめ

地方から東京へ転勤して車を維持するのは何かと障害が多いのです。

ここまで読んで、それでも車は持ちたいというのなら止めません。車はいいですからね。いいもんです。

しかし、要らないなと感じたら、少しでも車を所有することに迷いがあるのなら未練が残る前にサクッと売ってしまった方が何かと身軽になりメリットも多いことは事実です。

もし、車を手放すことを決めたなら、出来るだけ簡単に高く売る方法を調べてから行動することをおすすめします。

関連記事
車を手放す場合、下取と買取、どちらが良いの?
引っ越しをした場合。車を売るときに必要な書類と手続き。

愛車を高く売りたいなら
『無料一括査定』がおすすめ

車を買うとき、値引き交渉も大切ですが、より安く買うためにもっとも確実で効果的なのは、今乗っている車を高く売ることです。

最近では、ディーラーへ下取りに出すのではなく、中古車買取専門店へ売るのが主流になりつつあります。なぜかというと、販売経路を豊富に持っている専門業者の方が高い値段で買い取ってくれるからです。

そこでさらに複数の業者へ一括査定に出すことで、数社が競合するので値段を引き上げることが可能になります。

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差がなんと22万4000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら、最大10社から一括査定が受けられるので、各社の比較も手間要らず。

申込は1分で終わり!すぐに高額査定の会社が分かります。

>>>かんたん車査定ガイドへ

↓↓一括査定出来る会社↓↓

ガリバー、アップル、カーチスなど有名店が数多く提携しており、すべてJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良企業です。
この中から最大10社へ同時に見積もりを依頼出来ます。

>>>今すぐ愛車を無料で査定してみる

 

スポンサーリンク