車バイバイ

車を高く売りたい!車買取一括査定の仕組みや値段を上げるコツを紹介

プリウスのおすすめグレード。値引きの相場

 2016年3月30日      トヨタ, ハイブリッド

http://toyota.jp/

http://toyota.jp/

ハイブリッドカーと言えばプリウス。2015年12月フルモデルチェンジしてこれで4代目。

1800cc+モーターのユニットは全面改良で燃費性能は大幅に改良されました。高燃費仕様のEは40km/l、FFなら37.2km/l、4WDでも34km/lと高水準を実現。

ボディの剛性もアップして、サスペンションの改善で走行性能、乗り心地もアップしました。爆発的な売れ行きをみせています。

プリウスの進化

3代目から4代目の進化の鍵を握ると言われているのが『TNGA』
TNGAとは「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」の略。TENGAではありません。

プラットフォームそのものの名前ではなくて、車づくりや仕事の進め方の方針を示しているそう。
TNGA企画部が設立された際に掲げられた取り組みのポイントは、商品力の向上、グルーピング開発による効率化、ものづくり改革、グローバル標準への取り組み、TNGAと連動した調達戦略の5つ。

要はより良いクルマを作っていくよ、ということです。

そんなTNGAによって進化したプリウスの特徴は以下。

走行性能の向上

重心が下がったこと、ボディの剛性が上がったことで操縦安定性と乗り心地が向上しています。
上り坂では、どこまでも電動アシストが続くので力不足を感じることはなく、発進もスムーズ。ブレーキ時のぎこちなさもなくなっています。

いわゆるリヤの突き上げ感が少なくなってロードノイズは激減。静かすぎて逆に危ないほど。

タイヤは17インチも選べますが、快適性を重視するなら15インチがおすすめ。

また待望の4WDモデルが新設されたことで雪国でも需要が高まるのではないでしょうか。後輪をモーターで駆動するE-Fourのシステムが採用されています。

運転しやすくなった

4代目のプリウスは、3代目まではあったリヤクォーターガラスが廃止されましたが、カウル高を下げたことと、ウインドウの形状が変わったことで視界はむしろ良くなっています。試乗者もほとんどの人が以前より運転しやすくなった、と感じているようです。

プリウスのおすすめグレード

プリウスのおすすめグレードは

工場操業停止の影響で納期が遅れがち。メインのグレードAで、Sなら納期が早まります。

プリウスSのスペック

項目
全長×全幅×全高(mm)4540×1760×1470
ホイールベース(mm)2100
トレッド(フロント/リヤ・mm)1530/1540
最低地上高(mm)140
室内長×室内幅×室内高(mm)2110×1490×1195
車両重量(kg)1380
最小回転半径(m)5.1
JC08モード燃料消費率(km/l)37.2
総排気量(cc)1797
種類直列4気筒DOHC
使用燃料レギュラーガソリン
燃料タンク容量(l)43
最高出力(ネット)72kW(98PS)/5200r.p.m
最高トルク(ネット)142N・m(14.5kgf・m)/3600r.p.m
駆動方式FF
トランスミッション電気式無段変速機
価格247万円
乗車定員5人乗り
ドアの枚数5ドア
ナンバーの種類3ナンバー
エコカー減税取得税100%、重量税100%

主要グレードスペック比較

装備E    S    
”ツーリング
セレクション”

プレミアム
プッシュボタン
スタートシステム
衝突被害
軽減ブレーキ
車線逸脱
警報システム


ブラインドスポット
モニター


LEDヘッドランプ



オートライト
システム




オートマチック
ハイビーム
レーダークルーズ
コントロール
前席電動
パワーシート
本革シート
前席
シートヒーター
リヤセンター
アームシート
昇温・降温
抑制機能付き
ステアリング
フロントドア
遮音性ガラス
オーディオ&
ナビゲーション
システム
インテリジェント
クリアランスソナー
カラーヘッドアップ
ディスプレイ
シンプルインテリジェント
パーキングアシスト
ITS Connect
17インチ
タイヤ&ホイール
おくだけ充電

値引きの目標額

13万円

今まで、クルマ好きの間では走りに関してはいまいちと言われていたプリウスですが、4代目にしてかなりの進化を遂げました。発売以来爆発的に売れており、納期も遅れています。

新型登場により先代の中古需要は高まっているので、今3代目を乗っている方は早めに手放すのも手です。乗り換える時は下取りには出さず、買取専門業者へ査定に出すのがおすすめ。

想像以上の高評価を得られると思いますよ。とりあえず概算を知るためにも使えます。

>>>3代目のプリウス査定相場を確認する

愛車を高く売りたいなら
『無料一括査定』がおすすめ

車を買うとき、値引き交渉も大切ですが、より安く買うためにもっとも確実で効果的なのは、今乗っている車を高く売ることです。

最近では、ディーラーへ下取りに出すのではなく、中古車買取専門店へ売るのが主流になりつつあります。なぜかというと、販売経路を豊富に持っている専門業者の方が高い値段で買い取ってくれるからです。

そこでさらに複数の業者へ一括査定に出すことで、数社が競合するので値段を引き上げることが可能になります。

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差がなんと22万4000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら、最大10社から一括査定が受けられるので、各社の比較も手間要らず。

申込は1分で終わり!すぐに高額査定の会社が分かります。

>>>かんたん車査定ガイドへ

↓↓一括査定出来る会社↓↓

ガリバー、アップル、カーチスなど有名店が数多く提携しており、すべてJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良企業です。
この中から最大10社へ同時に見積もりを依頼出来ます。

>>>今すぐ愛車を無料で査定してみる

 

 
スポンサーリンク