車バイバイ

車を高く売りたい!車買取一括査定の仕組みや値段を上げるコツを紹介

都民は結婚を期に車は売るべきか。メリットとデメリット。

 2016年3月18日      車を高く売る方法

結婚を期に車を買い替える、あるいは売ろうとする人は多いですよね。

買い替えの人は、家族が増えるからミニバンに、なんていう幸せな変化。でも手放そうとする人はお金問題であることが多いのではないでしょうか。

地方では車は必須でしょうけども、東京ではほとんど要りません。電車やバスなどの公共交通機関が発達していますし、スーパーには自転車があれば行ける。無理して車を維持する理由がないんです。

最近はレンタカーも安いプランがあったり、カーシェアリングも定着してきています。

改めて自分にとって本当に車が必要かどうか考えてみましょう。

関連記事
引っ越しをした場合。車を売るときに必要な書類と手続き。

車を売る(手放す)メリット

メリットはなんといってもお金です。

ずっと車に乗っている人はあまり深く考えてないというか、必要経費みたいな感覚かもしれませんが、なきゃないでものすごい節約になるんです。

一般的な2000ccクラスの乗用車だと

  • 自動車税:39,500円/年 月約3,300円
  • 自動車保険:平均約50,000円/年 月約4,200円
  • 駐車場代:360,000円/年 月30,000~50,000円(都内)
  • 車検:2年に一度 約70,000円 毎年35,000円 月約2,900円
  • 燃料(ガソリン代)
  • その他のメンテナンスに掛かるお金(オイル交換、タイヤ交換、バッテリー交換など、適宜必要となる)

少なく見積もっても1年で500,000円前後持っていかれます。たった2年でミリオン達成。よほどお金持ちだったら構わないでしょうけど、普通の感覚ではちょっと耐えられない数字です。

とにかく駐車場代です。嫌になるほど取られます。東京の最大のネックですね。

この分がそっくりそのままなくなれば、それこそ結婚式や新婚旅行の費用とか、育児に回せる訳ですから、よほどのことがない限り売ってしまった方が得策です。

車を売る(手放す)デメリット

交通の利便性以外にないと言っていいです。あとは自分は車を持っているというアイデンティティの確立ぐらいでしょうか。

これから子どもが出来て、家屋が増えると何かとお金がかかるようになってきます。給料を上げるのは大変ですが、出て行くお金を減らすのは簡単です。特に不必要な固定費はバッサリいくことでものすごい効果を発揮します。

あるいはより維持費の安い軽自動車や、エコカー減税を受けられる車種へ変更することで経費を抑えられます。

いずれにせよ駐車場台代一番高いので焼け石に水かもしれませんが・・・

車を売るか売らないかはもうしばらく考えるとして、今ある車がいくら位で売れるのかを知っておくのもいいかもしれません。売ったらいくらぐらいになるのかを知ったうえで検討すれば良いわけですからね。

下記の査定サイトなら簡単に必要事項を入力するだけで、数社から買取価格を見積もってもらえるので便利ですよ。
今すぐ無料で一括査定を受けてみる

愛車を高く売りたいなら
『無料一括査定』がおすすめ

車を買うとき、値引き交渉も大切ですが、より安く買うためにもっとも確実で効果的なのは、今乗っている車を高く売ることです。

最近では、ディーラーへ下取りに出すのではなく、中古車買取専門店へ売るのが主流になりつつあります。なぜかというと、販売経路を豊富に持っている専門業者の方が高い値段で買い取ってくれるからです。

そこでさらに複数の業者へ一括査定に出すことで、数社が競合するので値段を引き上げることが可能になります。

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差がなんと22万4000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら、最大10社から一括査定が受けられるので、各社の比較も手間要らず。

申込は1分で終わり!すぐに高額査定の会社が分かります。

>>>かんたん車査定ガイドへ

↓↓一括査定出来る会社↓↓

ガリバー、アップル、カーチスなど有名店が数多く提携しており、すべてJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良企業です。
この中から最大10社へ同時に見積もりを依頼出来ます。

>>>今すぐ愛車を無料で査定してみる

 

スポンサーリンク