車バイバイ

車を高く売りたい!車買取一括査定の仕組みや値段を上げるコツを紹介

アルファードハイブリッドのおすすめグレード。魅力と注意点。値引きの相場は?

 2016年3月17日      トヨタ, ハイブリッド, ミニバン

http://toyota.jp/

http://toyota.jp/

人気のミニバン・アルファードのハイブリッドバージョン。内装の豪華さ、広々とした空間はそのままに燃費性能の向上が図られています。後輪をモーターで駆動することで4WDを実現。

アルファードでも、「最高のアルファード」を求める人は買いです。

アルファードハイブリッドのおすすめグレード

アルファードハイブリッドのおすすめのグレードは

ベーシックなXでも装備は十分です。

Xのスペック

項目
全長×全幅×全高(mm)4915×1850×1895
ホイールベース(mm)3000
トレッド(フロント/リヤ・mm)1600/1595
最低地上高(mm)165
室内長×室内幅×室内高(mm)3210×1590×1400
車両重量(kg)2110
最小回転半径(m)5.6
JC08モード燃料消費率(km/l)18.4
総排気量(cc)2493
種類直列4気筒DOHC
使用燃料レギュラーガソリン
燃料タンク容量(l)65
最高出力(ネット)112kW(152PS)/5700r.p.m
最高トルク(ネット)206N・m(21.0kgf・m)/4400~4800r.p.m
モーター(前)出力105kW(143PS)
モーター(前)トルク270N・m(27.5kgf・m)
モーター(後)出力50kW(68PS)
モーター(後)トルク139N・m(14.2kgf・m)
駆動方式4WD
トランスミッション電気式無段変速機
価格415万円
乗車定員7人乗り
ドアの枚数5ドア
ナンバーの種類3ナンバー
エコカー減税取得税100%、重量税100%

アルファードハイブリッドの魅力

悪路でもいける

後輪をモーターで駆動するハイブリッド仕様なので悪路でも安心。
動力性能はノーマルエンジン換算で2700ccクラスなので余裕があるので快適なドライブを楽しめます。

とにかく広い。ナンバーワン

ミニバンの中でも広さはナンバーワン。大人数で長距離移動には持って来いです。
豪華な作りで快適。リラックス出来ます。

緊急自動ブレーキも装備

ファミリーカーとしても優秀な車種ですから、安全装置があるのはありがたいですよね。

後悔するかも?注意点

燃費はそこまででもない

ハイブリッドとは言え、燃費は中級クラス。大型車なのでやむを得ないところ。割り切りが必要です。

視界が悪い

これも大型車ならでは。左側面や後方の視野は悪いです。慣れが必要。

床が高い

床を低く設計しているミニバンも登場している中で、こちらは床が高いです。
お年寄りや小さな子どもがいる家庭は注意が必要。

新車を買う時の値引き目標

9~18万円

値引きは拡大中。姉妹車のヴェルファイアと競わせるのが基本。

数年後の下取は?

設計が新しいですし、なんといっても人気車種なので下取、買取は有利。

愛車を高く売りたいなら
『無料一括査定』がおすすめ

車を買うとき、値引き交渉も大切ですが、より安く買うためにもっとも確実で効果的なのは、今乗っている車を高く売ることです。

最近では、ディーラーへ下取りに出すのではなく、中古車買取専門店へ売るのが主流になりつつあります。なぜかというと、販売経路を豊富に持っている専門業者の方が高い値段で買い取ってくれるからです。

そこでさらに複数の業者へ一括査定に出すことで、数社が競合するので値段を引き上げることが可能になります。

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差がなんと22万4000円にもなりました。

かんたん車査定ガイドなら、最大10社から一括査定が受けられるので、各社の比較も手間要らず。

申込は1分で終わり!すぐに高額査定の会社が分かります。

>>>かんたん車査定ガイドへ

↓↓一括査定出来る会社↓↓

ガリバー、アップル、カーチスなど有名店が数多く提携しており、すべてJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良企業です。
この中から最大10社へ同時に見積もりを依頼出来ます。

>>>今すぐ愛車を無料で査定してみる